ベスト・キッド

昨日、ベスト・キッドを見に行って来ました。

映画館へ足を運ぶなんて何年か振り・・・
ちょっと待てばレンタルできるからなんて気持ちが働き、いつも見たい作品も先送りしてきました。

でも、迫力ある大画面で画像を見たいのと、20年以上前に見たオリジナル「ベスト・キッド」が面白かったので久しぶりに劇場へ。

舞台はオリジナル⇒アメリカ、新作⇒中国。
技はオリジナル⇒空手、新作⇒クンフーと変わりましたが、基本的にイジメられっ子が武術の師匠について修行をし、大会決勝でいじめられた適役に見事勝利するというストーリーは変わりなし。
舞台が中国というのは、今の世界経済の状況を反映しているようですね。

師匠はジャッキー・チェン、主役はジェイデン・スミス(あのウイル・スミスの子供です!)

単純明快な映画が好きな私にとっては・・・面白かった!!!
12歳のジェイデン・スミスはジャッキーのスタントチームの先生に鍛えられ、クンフー映画特有のアクロバティックな技や修行シーンを見事こなしています。
加えて、生意気にも腹筋は割れ、華奢な体ながら鍛えられた肉体美を披露。

雑誌で読んだのですが、ジャッキーがベタ褒めし、次代のジャッキーはジェイデン・スミスだ!と言っているのだとか・・・

最後のクンフー大会の試合会場はまるでドラゴンボールの天下一武道会さながらでした。

大人も子供も楽しめる映画だと思います。めったに映画館に行かない私が言うのもなんですが、足を運んでみてはいかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)