体調不良

先週の木曜日、仕事を始めるに当たっての朝礼において、急に気分が悪くなり、目の前が白くなったかと思ったらしばらく空白の時間・・・
気が付いた時は両脇を先輩方に抱えられて医務室に運ばれている途中でした。
2列横隊後列に並んでいた私は、前方に倒れ掛かって周りの人に助けてもらったようです。

血圧測ると114/58と下がかなり低く、職場で委託している大学病院の先生から大きな病院の循環器科で診てもらうように言われ、時休をとって県立中央病院へ向かいました。

2ヶ月以上前からみぞおちの奥辺りがキリキリと傷む症状もあったので、併せて消化器科でも受診し、循環器科で3種類の検査を、また後日CT検査、内視鏡検査等をすることに。

そして月曜日、先ず内視鏡の検査。
診断結果は胃かいようで出血する寸前の入院一歩前との事でした。先生からは「良い時に来て良かったねー!」とのお言葉。
ピロリ菌の検査も兼ね、来週胃かいようの原因はわかるようですが、ストレスによるものが大きいかもとの話がありました。

循環器科の検査は、先生の外来診察日が週2日であることと、あと4種類程の検査をするため細切れで検査日程を組まれましたが、仕事が休めない状況から、4月まで検査を延ばし、1日で検査できる日をとりあえず設定してもらいました。

こちらもまた何が原因で倒れたのか、結果はまだまだ先にならないとわかりませんが、やはり蓄積されたストレスが原因なのでしょうか・・・

検査を終了し、病院を出ようとすると背中越しに「押忍!」の声が。
振り返ると、そこには中央病院看護士であるT川(大)さん登場。
病院に来た経緯を話したところ、「やはりストレス解消には空手ですね。待ってますよ!」の言葉を頂きました。

今までストレス等で健康を害すること等なかった(まだ断言できる状況ではありませんが)のですが、こんな事があってから健康不安が増す中、健康の有難みが良くわかりました。
また、空手を継続する必要性をもつくづく実感したところです。

しばらくはアルコール厳禁。大人しくしています・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

アドラー心理学

私がちょっと前から興味を持ち始めたのがアドラー心理学というもの。

@NIFTY・ココログでブログを開設している中で、武道・武術系を見ている内に、ここにもリンク貼ってある「山梨臨床心理と武術の研究所 」を見つけました。

主催者は太極拳を小瀬武道館で練習されているそうですが、臨床心理士等の資格を持つ心理療法家だそうです。
こちらのブログを読む内に、心理療法のベースとしているというアドラー心理学というものに興味を持ちました。

この心理学に関する本はまだ1冊も読んではいませんが、記事を読む中で何となくアドラー心理学とはどういうものかわかった気がします。(今度買ってみよーっと!)

それは「ポジティブに考え始めると、人生にはよい回転がおこる」ということ。
アドラーという人は、有名な心理学者フロイト(名前程度しか知りませんでしたが・・・)と同じ研究室にいたそうですが、そのフロイトは幼児期の怖い体験が一生トラウマになるといった考え方で、今の状況は過去の体験が原因となって形作られているという運命論的なもののようです。

が、一方のアドラーは心の持ち方によって人生はいくらでも変わるという考え方。
この世の中は楽しいものだとポジティブに考え、何か課題に対して、常に「私にはできるに違いない」と向き合い、今できなくてもそう考えて努力を続けるようにしていく。
ずいぶん差がある考え方ですよね。

先日、書店で脳科学者・茂木健一郎が翻訳したマーシー・シャイモフという人の”「脳にいいこと」だけをやりなさい!”という本を、脳ブームということもあり、また茂木健一郎が大絶賛していた帯も付いていたことから買って読んだところ、アドラー心理学に似たようなことが書かれていました。

とにかくプラス思考を繰り返すことで、自分に染み付いたマイナス思考を書き換えていく。脳に刻み込まれた考え方は1本の線程度であったものが、習慣化されていく内に轍となり、道のようになっていく。
そうなった時は、今さら自分を変えることなんてできるわけがない、と思う人が大半でしょうが、心では変わりたいと考える。
この本にはいくつになろうとも自分を変えることは可能とありました。

私自身もついついマイナス思考に陥ることがしばしばです。

そんな中、「山梨臨床心理と武術の研究所」でアドラー心理学を知るきっかけができました。
主催者は山梨においても学習会やワークショップを開催しているようです。
興味を持った人なら素人でも参加可能ということなので、機会があったら一度参加してみようと思っています。

また、アドラー心理学は子育てや対人関係で悩んでいる人や、子どもへの接し方を家族と共に見直し、より良い方法を伝える際にも役立つそうなので、こちらの方面でも興味が持たれた方は一度「山梨臨床心理と武術の研究所 」を覗いてみては如何でしょう?

そういえば、柔道金メダリスト石井慧のメンタルコーチをしていたという平本相武氏もアドラー心理学をベースにしていたとの事ですよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユウキ緊急手術

昨日、T野組長からユウキが手術したとの話を聞きました。     (;・∀・)ダダイジョウブ・・・?

以前、ママさんから胆石で手術しなければならないかも・・・と聞いていたのですが、薬の服用で大丈夫との診断結果が出たので、一安心していたところでした。しかし、頻繁に痛みが出て来たため、3/9に緊急入院。20日に手術を行ったそうです。 オペ?щ(゚▽゚щ)

術後も若干痛みがあるらしく、わがままユウキになっているとのこと。ま、こういう時にしか甘えられないから、この際、思いっきり甘えちゃえー!(ママさん、お許しを・・・)

早く良くなって空手に復帰してね。お大事に!

P.S. T野組の面々が病院でユウキを元気付けているようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)