« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

全関東結果

昨日開催された全関東大会の結果を教えて頂きましたので報告します。

山梨支部で、な・なんと優勝した選手が3人!!!
スゴイですねー! (≧∇≦)

甲府道場の立川さん、吉田道場の渡辺康さん、堀内大誠君です。
おめでとうございます。トロフィーは大きく、重かったですか?

続きます・・・
次は準優勝で、吉田道場の堀内隆文さん、渡辺一男さんの2人。

更に続きます・・・
3位。甲府道場の中田先生、コハルちゃん、吉田道場の堀内大和君の3人。

山梨支部のトロフィー獲得率は8/26=約3割7分。

見事です!

きっと帰路は盛り上がったことでしょう。
今回もキ仙のお風呂で戦いの傷を癒したのでしょうか?

もちろん、結果は良いことに越した事はありませんが、結果が着いて来なかった選手も、自分が強くなるための課題を与えられたと考え、次回につなげていきましょう!

次のヒーローは君だ!!!

練習も満足に出ていないのに、勝手なこと書いてすみません・・・

選手に応援の皆さん、お疲れ様でした。
大会のビデオ、今度見せてくださいね。

祝勝会&慰労会は参加させて下さい。お願いします・・・ ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回全関東大会

明日25日は代々木第二体育館で白蓮会館主催第3回全関東大会が開催されます。

我が山梨支部からは総勢26人の選手が出場することとなっています。
選手のこれまでの努力が実るよう応援しています。

「思考は現実化する」という本がありました。
常に自分の思考をリアルにビジュアル化し続けることで、それが本物になるとのこと。
これまで練習してきた技を、どのように使って相手を倒すか、良ーくイメージしてみましょう!

練習でもろくに協力できない上、当日は仕事のため応援に行けず申し訳ありませんが、選手の皆さんの健闘を祈念しています!!

ヽ(*≧ε≦*)φFight!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太極拳

昨夜、初めて太極拳を体験しました。

というのは、このブログにリンクを貼ってある「山梨臨床心理と武術の研究所」を覗いていたところ、太極拳稽古仲間募集という記事がありそのリンクをたどっていったところ、昨夜練習があるとのことだったので、管理人のアド仙人さんに連絡をとり見学させて頂くこととなりました。

もう4年ほど前、私も開設しているniftyココログのブログを色々と見ていたらアド仙人さんのブログにたどり着きました。
臨床心理士をされているということで、当初はそのベースになっているというアドラー心理学なるものに興味をそそられ、記事を読ませて頂いていました。

その後、小瀬武道館で太極拳を始めとする内家拳を練習されているということ、また私も好きな「月刊・秘伝」の内容を記事に書かれていたので、次第に太極拳等を体験してみることで何か新しい発見があるかも・・・と考えていました。

それと1年ほど前、ブログ記事を読んでいたら、どうもT野君と同じ職場であることがわかり、T野君に話をしてみたら職場の勉強会で一緒のチームであるという事が判明。
是非これは行ってみたいと思い、ようやく行動に移すこととなりました。

初めてお会いするアド仙人さんは小柄で気さくな方でした。
ジャージを着ていたので、見学よりも一緒にやってみては?ということで皆さんに混じって練習させて頂くことに・・・

全員で体を緩める体操から始まり、太極拳の型へ。
型はほんの一部ということですが、悪戦苦闘しながら見よう見真似でやってみました。でも一部とは思えないほど長く感じましたが・・・
このあと、個別に型を教えて頂きました。私は先程の型の最初から7つ目位までの動作を練習したのですが、アド仙人さん曰く”川の流れのように淀みなく”動作を行うのが理想との事。

それが実に難しい。通常動作より更にゆっくりな動作のため、慣れてないことからそれが続かずギクシャクをしてしまうといった具合でした。
とりあえずわずかな動作だったので何度も繰り返して覚える事ができました。

そして収穫がありました。ここのところ悩まされている腰痛による足の痺れが、この型の練習によって消えたことです。
左後方に体を捻るといつも痺れが出ていたのに、型の練習をしている中で何気なく捻っても何の違和感も感じる事なく、改めて何度やっても痺れがおきませんで した。

時間が経過して、腰を捻ってみると症状が戻っていましたが、型を何度かやってみると再び痺れが消えました。
うれしい限りです。今後もずっと続けていこうを思います。
アド仙人さんの話ではヘルニアが治った方もいるとの事でした。

その後、型を発展させる中で、逆技や攻撃を捌いての崩しの練習をしたのですが、TV等で健康目的の型の演武しか見たことのない私は、実際の太極拳がこんなにまで広がりを見せる事に驚いたと共に、とても面白く感じました。

最後に太極拳の省略なしの型をやって練習を閉めたのですが、実に長かった・・・
これも見よう見真似でやったのですが、自分の中では15分近く続いていたような気がして、一体いつになったら終わるのだろうか?とまで感じるくらいでした。
長い型だと20分近くかかるそうです。覚えるのも大変だぁ・・・

アド仙人さんありがとうございました。
今後、都合が合えばまた参加させて頂こうと思っています。
次回はT野君と誘っていきますのでよろしくお願いします。

P.S.
「山梨臨床心理と武術の研究所」にお礼のコメントを入れようとしたのですが、なぜかエラーメッセージが出てしまうので、こちらで失礼させて頂きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »